2017年度の企画



研究交流委員会主催研究会「社会を見据える質的研究―長期的フィールドワークと、これから」

  • この研究会では、15年以上にわたってフィールドワークを実践してきた4人の 研究者が登壇する。前半は、現場にくりかえし通い、そこに居る人たちとの付き 合いを重ねることをとおして、みえてきた社会の様相を伝えあう。そして後半は、 4つの研究報告をふまえ、長期的フィールドワークそのものが持つ意味や意義に ついて、参加者全員で考える機会にしたい。
  • 日時:2018年3月31日(土)13時〜17時 懇親会も予定
  • 場所:ハロー貸会議室新宿曙橋
        東京都新宿区片町1-13-1 第3田中ビル2階
         都営新宿線曙橋駅A4出口 徒歩3分・JR各線市ヶ谷駅 徒歩10分
  • https://www.hello-mr.net/detail/?obj=17
  • 登壇者 出口泰靖先生(千葉大学) フィールドワークの対象者:「認知症」と呼ばれる方 『あなたを「認知症」と呼ぶ前に―〈かわし合う〉私とあなたのフィールドワー ク』を2016年に出版。
    木下寛子先生(九州大学) フィールド:2001年より、ある小学校に通う。 『小学校の日々から始まる雰囲気の解釈学的現象学』を2016年度博士論文とし てまとめる。
  • 企画者兼発表者
    石井宏典(茨城大学) フィールド:1989年より、沖縄島北部のあるムラに通う。 「祈りの姿勢―ムラの神行事を守りつづける神人たち」(2014)以後、彼女たち の営みの現在を伝える。
    青木美和子(札幌国際大学) フィールド:障害者福祉施設 『福祉の現場における「共生」に向けたコミュニティの生成』を2016年に出版。
  • 詳細はメルマガ2月号でお知らせします。
  • 主催 日本質的心理学会研究交流委員会
  • 参加費:無料 
  • 申し込み・問い合わせ先:m-aokiあっとts.siu.ac.jp (青木美和子宛)

日本発達心理学会・日本質的心理学会合同シンポジウム 「社会構成主義と生涯発達心理学: Vivien Burr 教授を迎えて」

企画:東京大学院教育研究科  能智正博
司会:立命館大学 衣笠総合研究機構  やまだようこ
話題提供・指定討論:University of Huddersfield  Vivien Burr
話題提供:福山大学人間文化部  青野篤子
     京都教育大学部    東村知子

日時:2018年3月25日(日)13時-15時
場所:東北大学川内北キャンパス
本企画は、日本発達心理学会全国大会内の企画です。参加するためには、大会自体への参加費を払う必要があります。詳細


日本質的心理学会後援国際シンポジウム「社会構築主義の視点と臨床の現場――Vivien Burr教授をお招きして――」

日時:2018年3月21日(水)13:00〜17:15 
場所:東京大学本郷キャンパス 福武ホール
参加費: 無料(詳細はこちら

質的研究セミナーのお知らせ 「なぜ意味が問われるのか−質的研究における〈読むこと〉の方法探求」

  • 企画趣旨:質的研究はデータや研究・分析法のみに特徴があるのはありません。 問題・テーマの設定〜対象との関わり方〜データの収集法〜分析法〜結果の表現 法が一連のつながり・流れをなしています(これを横軸・X軸とします。)また、 それぞれの過程は、認識論的背景〜方法論〜研究手法〜テクニック(例えば、客 観性批判〜関わりながらの観察〜参加観察〜現場での居方・関わり方)という根 底から表層への垂直軸(縦軸、Y軸)を内包しています。さらに、エピソード記 述、現象学的アプローチ、グラウンデッド・セオリーなどの研究法・分析法(Z 軸)により整理することもできます。これまでのセミナーでは研究法・分析法(Z 軸)を一つ選び、その研究法・分析法から研究の流れ(X軸)と研究活動の重層 性(Y軸)を考えてきました。今回はY軸を主軸として、つまり具体的な研究活 動が根底にある見方や考え方(理論や概念)とどのように関わっているのか、さ らに、一連の研究の流れ(X軸)がどのようにつながっていくかを考えていきた いと思います。そこで祭りや都市計画、子どもの居場所や寄り道など現場におけ る研究の実践(フィールドワーク)と、哲学、文化人類学、文学、宗教などの理 論や概念を結びつけながら、独自の研究を進めていらっしゃる南博文先生(環境 心理学がご専門)に講師をお願いしました。1)南博文先生の話題提供をもとに、 2)質疑応答を行い、3)その上で参加者の体験も交えて、意見交換を行いたいと 思います。質的研究について、「意味を解釈する」「読む」という活動から根本的 な問いをじっくり考え、その問いと思考が実際の研究活動につながる場を目指し ます。
  • 日時:2018年3月3日(土) 12時30分〜15時30分(延長〜16時30分))
  • 場所:広島国際大学広島キャンパス8階(広島駅より徒歩10分)
  •     (http://www.hirokoku-u.ac.jp/access/hiroshima.html)
  • 話題提供・講師:南博文先生(九州大学大学院人間環境学研究院教授)
  • 話題提供「症候的に読む --テクストから都市風景まで--」
  • 質的な分析と呼ばれる領域で用いられる「方法」があるとすれば、その主要な一 つは、一次資料を「読むこと」であると言えると思います。ただし、何でも読む べき素材になるか、あるいは話されたことがすなわち一次資料かと言うと、そう ではないだろうと考えます。「意味」を読み解くという行為が要請されるには、素 材の中に不可解さや、意味理解の齟齬、ディス・コミュニケーションが含まれる という、読まれるべき対象の側からの「問いかけ」、あるいは解読を要請するサイ ンが備わっているだろうと考えます。それをここでは、「症候」と呼んでいます。 「症候的に読む」という表現は、アルチュセールの『資本論を読む』で使われた テクストを読む際の構造的な視点です。フロイトを意識していますが、むしろ社 会科学一般に適用される発見的(ヒューリスティック)な観点だと思います。ブ ルーナーの「意味の行為」論をもう少し構造的に(表層と深層との段差を設けて) 見ていく視点になるかと思います。質的研究法にはいろいろな方法論があり、そ れぞれ共通点と特色があります。この企画では、「症候的」という観点と「読む行 為」という2つの問題系について学ぶことを通して、方法論についての考察を深 めたいと思います。3つの文献を下記に掲げました。この順序で当日の議論に関 わるものです。事前に読めるものに目を通していただければ、議論が深まるかと 思います。
  • 事前学習図書 文献
     ブルーナー, J.S.(1999,2016新装版)『意味の復権』ミネルヴァ書房
     アルチュセール, L.(1996絶版)『資本論を読む上中下』ちくま学芸文庫
              (1982絶版・合同出版)
     赤瀬川原平(1987)『超芸術トマソン』 ちくま学芸文庫
  • タイムスケジュール:
     12:30 企画趣旨説明
     12:40 講演(話題提供)「症候的に読む」
     14:10 休憩  14:20 講師との質疑応答・参加者による討論
     15:30 終了(必要に応じて延長)
      16:30 延長の終了
  • 事前申込は不要です。当日、会場にお越しください。
  • 非会員の方でも関心をお持ちの方はご参加いただけます。
  • 問合わせ:t-kasimaアットhw.hirokoku-u.ac.jp(担当:鹿嶌)
  • 主催:日本質的心理学会研究交流委員会


  • 保育者が抱える困難と望まれるサポートを考える

    研究交流委員では、シンポジウム「保育者が抱える困難と望まれるサポートを考 える」を開催します。本企画は保育教諭養成課程研究会との合同企画となります。

    保育者、養成校教員、研究者、保育園・幼稚園・こども園の管理職が意見を交わ すことで、相互に理解を深める機会をつくりたいと考えています。テーマに関心 のある方のご参加をお待ちしております。サイトをご覧の上、ぜひご参加くださ い。

    ●日程:2017年10月21日(土)14 時〜16時40分
    ●場所:日本体育大学 東京・世田谷キャンパス 2205教室
    ●参加費:無料、定員:30名、非会員も参加可
    ●内容(タイトルは仮)
    保育者の結婚とキャリア形成の両立における課題(若尾良徳・日本体育大学)
    保育者の就労と離職について(藤田清澄・盛岡大学)
    コメント:実務家・養成者の視点から(宮里暁美・お茶の水女子大学、こども園 園長)
    コメント:質的研究の視点から(土倉英志・浜松学院大学)
    質疑応答と懇談

    ワールドカフェで「質的研究にたいするとまどい」を語ろう

    日本質的心理学会研究交流委員会では、第14回全国大会のプレ企画として、 ワールドカフェ『「質的研究にたいするとまどい」を語ろう』を実施いたします。

    【日時】2017年9月8日(金) 13:30〜16:30(予定)

    【場所】首都大学東京・荒川キャンパス(会場は決まり次第ご案内します)

    【企画趣旨】
    ・「フィールドに入ったものの、何をすればいいのかわからない」「自分は質的 な方法論を生かせているだろうか?」「よい質的研究とはどんな研究だろう?」 「質的研究のポイントはどこにあるのだろう?」、こうした悩みやとまどいを感 じることはありませんか?
    ・研究交流委員会はこれまで現象学研究などの研究手法に関する講習会を開催 してきましたが、今大会では趣向を変えて、「質的研究を実施する際に感じるむ ずかしさ」や「質的研究にたいする戸惑い」をテーマとするワールドカフェを 実施します。
    ・ワールドカフェはワークショップのひとつで、カフェのようなリラックスし た雰囲気で、テーマに集中した話し合いの場を設けます。その場で、自分の意 見を言い、また相手の意見を聞くことで、創造的で生成的なダイアローグが生 まれることをねらうものです。
    ・本企画では、ワールドカフェの形式を用いて、質的研究に感じるとまどいや 違和感を互いに語り合うことで、参加者間の研究交流を促進すること、質的研 究を問い直すきっかけを提供することを目指したいと考えています。

    ◎参加費は無料です。会員でない方もお申し込みいただけます。

    ◎定員は20名です。定員になり次第締め切らせていただきます。