大会外企画(共催・後援も含む)

2020年度

研究交流委員会「オンライン研究会」のご案内
2020年度の研究交流委員会企画は、アクションリサーチをテーマに過去2回実施してまいりました。このたび、アクションリサーチの立場から研究活動に取り組まれている八ッ塚一郎先生(熊本大学)を講師としてお呼びし、3回目の研究会を下記の通り開催する運びとなりました。ご興味のある方のご参加をお待ちしております。

タイトル:
「存在としてのアクションリサーチ:御用学者はアクションリサーチの夢を見るか?」

趣旨:
アクションリサーチという言葉から浮かび上がるのはどのようなイメージでしょうか。「足しげく現場に通い、汗を流して実践し、時に人々と酒を酌み交わす研究スタイル」、「現場を変えることが至上命題の“過激”なアプローチ」など、人それぞれ違ったイメージがあるのではないかと思います。「研究者と研究対象(フィールド)の間に一線を引いて対象を客観的に研究」する論理実証的な考え方に、きっぱりと決別するのがアクションリサーチの原点であることは言うまでもありません。しかし私たちは、「いかに頻繁に現場を訪れ、当事者とディープに関わり、現場の改善に貢献できたか」という点ばかりに目を奪われて、アクションリサーチの本質までも過剰に解釈し過ぎていないでしょうか。「それって、現場の荒波に耐えられる鋼のメンタルと、プライベートも喜んで研究活動に捧げられる奉仕の心の持ち主だけが許される研究スタイルでしょ? 私にはちょっとそこまでは…」などといった、躊躇いや尻込みの思いを抱いておられる方も、もしかしたら少なくないかもしれません。
この研究会では、一人ひとりのアクションリサーチ像を改めて問い直すことを通して、アクションリサーチの「間口を広げる」ことを目指します。「間口」には、リサーチの対象や方法、アクションの種類やその深度など、多くの意味が重ねられています。アクションリサーチに関する八ッ塚先生ご自身の豊富な経験をもとに、「実はこれもアクションリサーチなのでは?」という刺激的な問いかけがなされるはずです。「それって本当にアクションリサーチなの?」と、思わず問い返したくなるかもしれません。むしろ、そうした素朴な問いを端緒として、アクションリサーチの基本的な考え方やその可能性、多様性を、参加者のみなさまと一緒に学び合う場にしたいと考えています。
過去2回の企画にご参加いただいた方はもちろん、今回初参加となる方も大いに歓迎いたします。従来の研究会と比べて少しばかり「異質」な場とお感じになるかもしれませんが、その「異質」こそ、質的研究を大いに盛り上げるための重要なエネルギーとご理解いただき、ご自身の研究を新たな視点から捉えなおす機会としての“異文化体験”を、ぜひお楽しみいただきたいと考えております。多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

登壇者:
八ッ塚一郎先生(熊本大学)

司会:
河合直樹(札幌学院大学)

日時:
2021年3月14日(日) 15:00-17:00

場所:
ビデオ会議システムZoomを使います。
接続先のURLは、お申し込みいただいた方にメールにてご連絡いたします。

申し込み方法;
以下のリンクから必要事項をご入力下さい。
申し込みフォーム
なお、申し込みは先着20名様までとさせていただきます。ご了承ください。

連絡先:
jaqp_event_ar2020@googlegroups.com (担当[代表]:河合)

参加費:
無料


研究交流委員会「オンライン輪読会」のご案内
案内チラシ
下記の通り,研究交流委員会企画のオンライン輪読会を行います。著者の宮本匠さんをお招きして、アクション・リサーチの観点を交えた幅広い議論の場にしたいと思っています。ご興味のある方のご参加をお待ちしております。

課題図書:
『現場でつくる減災学:共同実践の五つのフロンティア』

趣旨:
 研究と実践は明確に分け隔てられると無反省に考えられてきた時代はすでに遠いものとなりつつあります。特に、質的心理学会に所属されているみなさんは研究と実践のよい関係について悩みながら試行錯誤することが多いのではないでしょうか。その中で、研究と実践を切り分けないアクション・リサーチの考えかたが注目されつつあります。
本研究会では、復興の現場に立ちながら研究を続ける宮本匠さんをお招きして、ご著書『現場でつくる減災学:共同実践の五つのフロンティア』を一緒に読みながら、参加者のみなさんとともに幅広く議論ができればと思っています。アクション・リサーチについて学ぶことは、研究者としてのあり方を学ぶことにもつながっていきます。

登壇者:
宮本匠さん(兵庫県立大学)
司会と趣旨説明:
宮前良平(大阪大学)

日時(時間は予定):
2020年9月5日(土) 13:00-15:00

場所:
申し込みいただいた方にzoomのリンクをご連絡いたします。

申し込み方法:
以下のリンクから必要事項をご入力下さい。
申し込みフォーム
あるいは、チラシにあるQRコードからも申し込みできます。
なお、申し込みは先着20名様までとさせていただきます。ご了承ください。

連絡先:
jaqp_event_ar2020@googlegroups.com (担当:宮前)

参加費:
無料



研究交流委員会企画研究会のご案内

下記の通り,研究交流委員会企画研究会を行います。会員の皆様はもちろん, 発達やデザインにご興味をお持ちの方の幅広いご参加をお待ちしております。

テーマ:
「生物学の知見は心理学にどのように受容されたのか?:発生現象をめぐって」

趣旨:
学習や発達は,質的心理学の主要なテーマの1 つである。これらのテーマは,こ れまで様々な概念とともに議論されてきた。なかでも,これらのテーマは時間変 化を伴うことから,発生現象を扱う生物学に由来する概念が豊富である。こうし た,生物学から心理学への概念受容は,近代心理学の黎明期に生じたと考えらえ るが,その経緯が必ずしも明らかでないこと,さらにそもそもが分野をまたいだ 受容であることもあり,ある概念が何を指すのかが,必ずしも研究者の間で統一 されていないと考えらえる。以上をふまえて本企画は,学習や発達といった,時 間変化を含む現象を議論する土台の整理を目的として,生物学から心理学への概 念受容の経緯を,とくに発生現象に焦点をあてて議論したい。

登壇者:
溝口元氏(立正大学)
高砂美樹氏(東京国際大学)
司会と趣旨説明:
関博紀(東京都市大学)

日時(時間は予定):
2020 年3 月28 日(土)15:00〜18:15
新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため、延期いたします。開催日程は改めてお知らせいたします。

会場:
武蔵野美術大学 市ヶ谷キャンパス 
(会場セキュリティの都合上,詳細はお申し込みいただいた方にご案内します)

申し込み方法:
要事前申し込み
(会場セキュリティの都合上,事前申し込みとさせていただきます)

申込先:
下記のアドレスにご連絡ください。
jaqp.bio.psycho@gmail.com (担当:関)

参加費:
会員:無料,非会員:1,000 円

(研究交流委員会 関 博紀)


2019年度 詳細

  • 2月24日『質心、軽暖の方法論祭り2020』「ELANを使いこなす」 講師:細馬宏通(早稲田大学) 詳細
  • 2月24日『質心、軽暖の方法論祭り2020』「ビジュアル・ナラティブを学ぶ」 講師:やまだようこ(京都大学名誉教授・立命館大学) 詳細
  • 2月23日『質心、軽暖の方法論祭り2020』「グラウンデッド・セオリー・アプローチという研究法」 講師:戈木クレイグヒル滋子(慶應義塾大学)・西名諒平(慶應義塾大学)詳細
  • 11月24日 精神衛生学会との共催ワークショップ『こころの健康に関する質的研究法 複線径路等至性アプローチ (TEA) の 入門から論文発表まで』講師:安田裕子(立命館大学)・発表者:大川満里子(中野区立教育センター)詳細
  • 9月20日 日本質的心理学会第16回大会前日企画『ケアの意味を見つめる事例研究』 講師:山本則子(東京大学)詳細

2018年度 詳細

  • 3月2日『質心、軽暖の方法論祭り2019』「エピソード記述で対話する」 講師:勝浦眞仁(桜花学園大学) 詳細
  • 3月3日『質心、軽暖の方法論祭り2019』「体験から学ぶエスノグラフィー」 講師:柴山真琴(大妻女子大学) 詳細
  • 3月3日『質心、軽暖の方法論祭り2019』「はじめての現象学的研究」 講師:坂井志織(首都大学東京)詳細

2017年度 詳細

  • 3月31日『社会を見据える質的研究―長期的フィールドワークと、これから』 詳細
  • 3月25日『社会構成主義と生涯発達心理学: Vivien Burr教授を迎えて』 詳細
  • 3月21日『日本質的心理学会後援 国際シンポジウム「社会構築主義の視点と臨床の現場――Vivien Burr教授をお招きして――』詳細
  • 3月3日『なぜ意味が問われるのか−質的研究における〈読むこと〉の方法探求』 詳細
  • 10月21日『保育者が抱える困難と望まれるサポートを考える ―保育者、養成校教員、研究者の対話を目指して―』 報告
  • 9月8日『ワールドカフェ「質的研究にたいするとまどい」を語ろう』 報告

2016年度 詳細

  • 3月20日  『対話する方法論:複線径路等至性アプローチ×IPA(解釈学的現象学的分析』
  • 9月23日 『現象学的研究入門――分析と記述』

2015年度 詳細

  • 2月27日 『共同研究会 作業療法に活かす質的研究法 in 熊本』
  • 11月28日 『ウチの子あるある座談会2015 & 出前講習会:子育てエピソードの書き留め方』
  • 10月2日 『現象学的研究入門――考え方と方法』

2014年度 詳細

  • 3月7日・8日 質的研究合宿セミナー(3月7日、8日)の開催報告『“楽しさ”から始める質的研究セミナー in 花脊』
  • 10月20日 質的心理学研究法セミナ『M-GTAの展開‐分析・概念化・理論化』

2013年度 詳細

  • 3月15日 大会外企画ワークショップ『マイフィールド博覧会――発表者と参加者によるインタラクティブセッション』
  • 3月8日 質的心理学研究法セミナー『エスノグラフィー研究のデザイン』
  • 10月26日 質的心理学会研究法セミナー『M-GTAの初歩―選択・テーマ設定・焦点化の基準』
  • 6月1日 日本質的心理学会10周年記念「質的心理学ハンドブック」シンポジウム

2012年度 詳細

  • 3月15日 日本発達心理学会・日本質的心理学会 学会共催シンポジウム震災の語り−ことばとナラティヴの力日本発達心理学会第24回大会 明治学院大学
  • 3月9日 質的心理学研究法セミナー『看護実践のエスノグラフィー入門?現場での問いの発見?』
  • 2月2日 われわれは授業、教師、子どもの何をどのように語るのか
  • 1月26日 質的心理学研究法セミナー『ビデオエスノグラフィーの初歩』
  • 6月10日 マイケル・バンバーグ教授講演会

2011年度 詳細

  • 3月5日 参加型ワークショップ「防災ゲーム・クロスロード」
  • 11月25日 大会プレ企画『みんなで研究検討会:話そう、味わおう、突き抜けよう!』
  • 11月12日 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)の可能性??現場と理論のつながりを問う
  • 10月22日 『トランスクリプトづくりの実際と会話分析の初歩(初級者向け)』
  • 9月23日 『インタビューの仕方とまとめ方の初歩(半構造化面接の場合)』
  • 6月10日 子どもをみる行為をみつめなおす

2010年度 詳細

  • 3月5日 感覚の「異文化」から見る〈からだ〉と〈ことば〉〜共感覚、自閉症、幼児の体験世界〜
  • 2月5日 サービス提供場面の質的分析?障害当事者参画の試み?
  • 12月4日 傷つきを語ることの意味と聴くという経験 〜質的心理学における『語り』研究の地平〜
  • 7月11日 質的研究ワークショップ「ナラティヴ研究におけるマイクロジェネティックアプローチの実際」

2009年度 詳細

  • 11月28日 「支援を必要とする」子どもとその状況をどう考えるか?発達障害研究の今?滝坂信一氏による発題と討論?
  • 10月12日 ガーゲン先生ご夫妻 講演会のお知らせ 9月5日 日本質的心理学会大会外地方研究会企画  ?『自閉症の社会学』書評セッション?

2008年度 詳細

  • 3月22日 シリーズ<質的心理学の最前線>(第3回)「春の甲子園球場で『社会と場所の経験』を議論する ‐技法とその思想‐」
  • 3月11日 研究交流委員会主催シンポジウム「 臨床の中の倫理?命の限りと向き合うとき」
  • 6月8日 シリーズ<質的心理学の最前線>(第2回)「人生と病いの語り」

2007年度 詳細

  • 3月30日 シリーズ<質的心理学の最前線>(第1回)「教育・保育のための質的研究」
  • 3月8日 ハイデガーの実存主義を哲学的基盤とした解釈的現象学による質的研究方法の 実践(仮)
  • 2月16日 私の質的研究 ?性同一性障害/トランスジェンダー研究?
  • 2月2日 テキストマイニングからみた質的研究のもう一つの未来
  • 8月18日 文化心理学に関する公開シンポジウム

2006年度 詳細

  • 3月25日 四国地方における質的研究法に関するネットワーク構築の可能性を探る
  • 3月21日 心理療法におけるエビデンスとナラティヴ:招待講演とシンポジウム:英国・アバティ大学John McLeod教授をお迎えして
  • 3月18日 シンポジウム「心理療法・物語・文化」
  • 3月18日 ワークショップ「グランデッド・セオリー・アプローチを学ぶ」
  • 2月24日 質的研究法は教育研究をどう変えるか
  • 9月30日 ワークショップ「私のフィールドワーク:転がり続ける渦中からのながめ」
  • 6月17日 第5回中部質的心理学研究会
  • 6月2日 グリーンハル教授講演会のご案内
  • 5月27日 「フィールドワークのプロセスをいかに記述するか?:看護学のアプローチと心理学のアプローチ」

2005年度 詳細

  • 3月18日 メタ医療学探検隊・特別研究会「学際研究における『対話』のデザイン―メタ医療学の創造に向けて―」
  • 3月25日 2005年度sparrow kids特別講演プログラム
  • 2月21日 中部質的心理学研究会 第一回記念講演会 「初学者のための質的心理学研究―質的研究を洗練させるために−」
  • 2月18日 ふくおか老年学研究会 「質的老年学(Qualitative Gerontology)を読み実践する〜ふくおか老年学研究会 in 大分」
  • 3月4日 日本パーソナリティ心理学会経常的研究交流委員会・日本質的心理学会研究 交流委員会主催公開研修会「個性と障害のはざま:発達障害児の育ちの現場から」
  • 1月15日 医療・看護と福祉のための質的研究セミナー「あなたにもできる質的研究:着想から投稿までのノウハウを教えます」
  • 12月17日 多文化関係学会組織強化委員会・日本質的心理学会研究交流委員会共催「文化とこころの相互作用」を探る質的研究法ワークショップ
  • 9月4日 アーサー・フランク博士「病いと語り」講演会・シンポジウム
  • 8月24日 「多分野連携における医療人類学の可能性:アーサー・クラインマン先生を招いて  〜それぞれのヘルス・ケアをつなぎ、紡ぎ、橋渡しする」

2004年度 詳細

  • 11月27日 「病いの語り」 講演会
  • 9月22日 日本パーソナリティ心理学会経常的研究交流委員会・日本質的心理学会研究交流委員会共同企画「M-GTAの手法とその応用:M-GTAはパーソナリティをどのように捉えるか」