大会外企画(共催・後援も含む)

2018年度

◆『質心、軽暖の方法論祭り2019』
 質的研究は、方法論のハウツーを学ぶだけでは不十分だと言われます。しかし、 さまざまな方法論を学ぶことは、質的研究で重要とされる勘所を理解し、目的に かなった方法論をつくる上でも重要だと思われます。そこで、研究交流委員会で は、1つの方法論を1日かけてじっくり学びつつ、複数の方法論についても学ぶこ とのできる企画を3月2日・3日に実施します。今回は「現象学的研究」(3日)と、 現象学に近い観点をもちつつ、フィールドでの独自の展開をした「エピソード記 述法」(2日)、そして「エスノグラフィー」(3日)の3つを取り上げます。
 現象学つながりで、「エピソード記述法」(2日)と「現象学的研究」(3日)を受 講してくださっても、フィールドつながりで「エピソード記述法」と「エスノグ ラフィー」を受講くださっても、またどれか一つだけでも、様々な学びが得られ ると思います。ご関心のある方はこの機会にぜひ御参加ください。

■■会場:武蔵野美術大学 三鷹ルーム(JR三鷹駅 徒歩4分)
http://cc.musabi.ac.jp/access#anchor-03

■■参加費:
 会員(2019年度から入会申し込み中も含む):1企画につき500円 当日払い
 非会員:1企画につき3000円

■■申し込み
 各企画定員があります。定員をオーバーした場合、参加をお断りする場合があ ります。下記URLからお申し込みください。
https://goo.gl/forms/evJmrdE6uOFjkoaU2

■■問い合わせ
jaqp.kenkyu.koryu@gmail.com
をご覧ください。


■■スケジュール:
  • 3月2日「エピソード記述で対話する」 講師:勝浦眞仁(桜花学園大学) 詳細
  • 3月3日 「体験から学ぶエスノグラフィー」 講師:柴山真琴(大妻女子大学) 詳細
  • 3月3日 「はじめての現象学的研究」 講師:坂井志織(首都大学東京)詳細
■3月2日 「エピソード記述で対話する」 講師:勝浦眞仁(桜花学園大学)
【概要】
保育・教育・看護・臨床など、人と人とが出会う場で起こっている事象を研究上 の問いとして立ち上げ、考察していくときのアプローチとして、鯨岡峻先生が提 唱した「エピソード記述」があります。このアプローチに挑戦してみると、自身 の体験を描きたいという気持ちとは裏腹に、どんな言葉が読み手に伝わるのか思 案したり、このエピソードは自身の問いに迫り切れていないのではないかと悩ん だりと、葛藤や躓きを覚えることがあります。しかしこの葛藤や躓きの中にこそ、 新たな概念が導かれる可能性も含まれています。このセミナーでは、予め皆さん に今後の研究で素材としたい場面のエピソードを描いてきていただきます。そし て当日は参加者同士での対話の場を通じて、エピソードを多角的に考察すること で、エピソード記述に対する理解を共に深めていきましょう。

【タイムテーブル】
13:00-13:50 エピソードを描く難しさと面白さ―私の体験からー
14:00-15:30 グループワーク
15:30-16:00 まとめと振り返り
【参考図書】
鯨岡峻(2016)関係の中で人は生きる,ミネルヴァ書房
勝浦眞仁(2016)“共にある”ことを目指す特別支援教育,ナカニシヤ出版
【事前課題】
@エピソード(今後の研究で素材としたい場面のエピソード)を1つ描いてくる こと。完成形である必要はなく、分量も問わないが、個人情報等が含まれる場合 は、倫理的配慮をする。
A4人グループで読み合わせ対話するので、記述のコピーを3部準備すること


■3月3日 「体験から学ぶエスノグラフィー」 講師:柴山真琴(大妻女子大学)
【概要】
エスノグラフィーにおいて、参与観察はデータ収集法の一つです。フィールドで 生きる人々の体験的世界を描き出すためには、参与観察をいかに行うかが重要で す。しかし、データ収集から分析までを段階的または理論的に学ぶ機会は多くあ りません。そこで、今回のセミナーでは、マイクロ・エスノグラフィーの技法を 用いて、<フィールドでの観察−観察データの記録−分析>という参与観察の基 本過程を、ステップを踏みながら体験的に学ぶ機会にしたいと思います。セミナー では、実際にグループでフィールドに出かけて同じ事象を観察後、各自でフィー ルドノーツの作成とデータ分析を行うというワークをしていただきます。マイク ロ・エスノグラフィーの技法を身につけるだけでなく、分析結果の共有を通して、 自分と他者の「現実」の見方を知る機会にもなればと思います。

【タイムテーブル】
10:00-12:00 〈事前講習〉マイクロ・エスノグラフィーにおける参与観察の進め
       方やフィールドノーツの書き方に関する講義
12:00-16:00 〈参与観察〉@グループ単位で同じ現象を観察(吉祥寺駅周辺また
       は井の頭公園)A各自でフィールドノーツの作成とデータ分析
16:00-18:00 〈事後講習〉グループ内での結果の共有,全体での意見交換

【参考図書】
(A)箕浦康子(1999)フィールドワークの技法と実際:マイクロ・エスノグラフィー
  入門、 ミネルヴァ書房
(B)柴山真琴(2006)子どもエスノグラフィー入門:技法の基礎から活用まで 新曜社

【事前課題】
テキスト(A)の第1章から第6章を読んでくると理解が深まります。

【持ち物】
@メモ帳:参与観察をしながらフィールドメモをとる際に使用します(A6版程度
 の小型ノートをお薦めします)。
Aパソコン:フィールドノーツを作成する際に使用します。パソコンを持参でき
 ない場合は、手書きでフィールドノートを作成していただいてもかまいません。
 そのためのノートや用紙等をご持参ください。


■3月3日 「はじめての現象学的研究」 講師:坂井志織(首都大学東京)
【概要】
近年、現象学的研究に関する書籍が複数出版され、考え方の道筋が以前より身近 になってきました。しかし、いざやってみようと思うと、どうしていいかわから ないという声を耳にします。どの研究手法も、一度実体験することが理解への近 道になると思います。そこで、今回のセミナーでは“現象学的な態度”や“デー タにおける視点の取り方”を、複数の演習やワークショップを通して体験し、現 象学的研究に入門する機会にしたいと思います。
【タイムテーブル】
10:30-12:00 講義
12:00-13:00 ランチョン演習1
自己紹介&研究テーマに関連した気になっている事象
13:00-14:30 演習2 データ分析グループワーク
14:30-14:45 休憩
14:45-15:00 発表準備
15:00-16:00 発表とディスカッション
16:00-16:30 まとめ
【テキスト】
松葉祥一・西村ユミ(編著)『現象学的看護研究――理論と分析の実際』医学書院、 2014年
【事前課題】
@ 予習:テキストの第一部、第三部を読んでくる
A 事象の書き出し:自身の研究テーマに関連する気になっている事象を詳細に書き 出す。分量はA41〜2枚程度で、箇条書きではなく文章で書くこと。一般的な事では なく、自身が関連する事象にすることが望ましい。

2017年度 詳細

  • 3月31日『社会を見据える質的研究―長期的フィールドワークと、これから』 詳細
  • 3月25日『社会構成主義と生涯発達心理学: Vivien Burr教授を迎えて』 詳細
  • 3月21日『日本質的心理学会後援 国際シンポジウム「社会構築主義の視点と臨床の現場――Vivien Burr教授をお招きして――』詳細
  • 3月3日『なぜ意味が問われるのか−質的研究における〈読むこと〉の方法探求』 詳細
  • 10月21日『保育者が抱える困難と望まれるサポートを考える ―保育者、養成校教員、研究者の対話を目指して―』 報告
  • 9月8日『ワールドカフェ「質的研究にたいするとまどい」を語ろう』 報告

2016年度 詳細

  • 3月20日  『対話する方法論:複線径路等至性アプローチ×IPA(解釈学的現象学的分析』
  • 9月23日 『現象学的研究入門――分析と記述』

2015年度 詳細

  • 2月27日 『共同研究会 作業療法に活かす質的研究法 in 熊本』
  • 11月28日 『ウチの子あるある座談会2015 & 出前講習会:子育てエピソードの書き留め方』
  • 10月2日 『現象学的研究入門――考え方と方法』

2014年度 詳細

  • 3月7日・8日 質的研究合宿セミナー(3月7日、8日)の開催報告『“楽しさ”から始める質的研究セミナー in 花脊』
  • 10月20日 質的心理学研究法セミナ『M-GTAの展開‐分析・概念化・理論化』

2013年度 詳細

  • 3月15日 大会外企画ワークショップ『マイフィールド博覧会――発表者と参加者によるインタラクティブセッション』
  • 3月8日 質的心理学研究法セミナー『エスノグラフィー研究のデザイン』
  • 10月26日 質的心理学会研究法セミナー『M-GTAの初歩―選択・テーマ設定・焦点化の基準』
  • 6月1日 日本質的心理学会10周年記念「質的心理学ハンドブック」シンポジウム

2012年度 詳細

  • 3月15日 日本発達心理学会・日本質的心理学会 学会共催シンポジウム震災の語り−ことばとナラティヴの力日本発達心理学会第24回大会 明治学院大学
  • 3月9日 質的心理学研究法セミナー『看護実践のエスノグラフィー入門?現場での問いの発見?』
  • 2月2日 われわれは授業、教師、子どもの何をどのように語るのか
  • 1月26日 質的心理学研究法セミナー『ビデオエスノグラフィーの初歩』
  • 6月10日 マイケル・バンバーグ教授講演会

2011年度 詳細

  • 3月5日 参加型ワークショップ「防災ゲーム・クロスロード」
  • 11月25日 大会プレ企画『みんなで研究検討会:話そう、味わおう、突き抜けよう!』
  • 11月12日 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)の可能性??現場と理論のつながりを問う
  • 10月22日 『トランスクリプトづくりの実際と会話分析の初歩(初級者向け)』
  • 9月23日 『インタビューの仕方とまとめ方の初歩(半構造化面接の場合)』
  • 6月10日 子どもをみる行為をみつめなおす

2010年度 詳細

  • 3月5日 感覚の「異文化」から見る〈からだ〉と〈ことば〉〜共感覚、自閉症、幼児の体験世界〜
  • 2月5日 サービス提供場面の質的分析?障害当事者参画の試み?
  • 12月4日 傷つきを語ることの意味と聴くという経験 〜質的心理学における『語り』研究の地平〜
  • 7月11日 質的研究ワークショップ「ナラティヴ研究におけるマイクロジェネティックアプローチの実際」

2009年度 詳細

  • 11月28日 「支援を必要とする」子どもとその状況をどう考えるか?発達障害研究の今?滝坂信一氏による発題と討論?
  • 10月12日 ガーゲン先生ご夫妻 講演会のお知らせ 9月5日 日本質的心理学会大会外地方研究会企画  ?『自閉症の社会学』書評セッション?

2008年度 詳細

  • 3月22日 シリーズ<質的心理学の最前線>(第3回)「春の甲子園球場で『社会と場所の経験』を議論する ‐技法とその思想‐」
  • 3月11日 研究交流委員会主催シンポジウム「 臨床の中の倫理?命の限りと向き合うとき」
  • 6月8日 シリーズ<質的心理学の最前線>(第2回)「人生と病いの語り」

2007年度 詳細

  • 3月30日 シリーズ<質的心理学の最前線>(第1回)「教育・保育のための質的研究」
  • 3月8日 ハイデガーの実存主義を哲学的基盤とした解釈的現象学による質的研究方法の 実践(仮)
  • 2月16日 私の質的研究 ?性同一性障害/トランスジェンダー研究?
  • 2月2日 テキストマイニングからみた質的研究のもう一つの未来
  • 8月18日 文化心理学に関する公開シンポジウム

2006年度 詳細

  • 3月25日 四国地方における質的研究法に関するネットワーク構築の可能性を探る
  • 3月21日 心理療法におけるエビデンスとナラティヴ:招待講演とシンポジウム:英国・アバティ大学John McLeod教授をお迎えして
  • 3月18日 シンポジウム「心理療法・物語・文化」
  • 3月18日 ワークショップ「グランデッド・セオリー・アプローチを学ぶ」
  • 2月24日 質的研究法は教育研究をどう変えるか
  • 9月30日 ワークショップ「私のフィールドワーク:転がり続ける渦中からのながめ」
  • 6月17日 第5回中部質的心理学研究会
  • 6月2日 グリーンハル教授講演会のご案内
  • 5月27日 「フィールドワークのプロセスをいかに記述するか?:看護学のアプローチと心理学のアプローチ」

2005年度 詳細

  • 3月18日 メタ医療学探検隊・特別研究会「学際研究における『対話』のデザイン―メタ医療学の創造に向けて―」
  • 3月25日 2005年度sparrow kids特別講演プログラム
  • 2月21日 中部質的心理学研究会 第一回記念講演会 「初学者のための質的心理学研究―質的研究を洗練させるために−」
  • 2月18日 ふくおか老年学研究会 「質的老年学(Qualitative Gerontology)を読み実践する〜ふくおか老年学研究会 in 大分」
  • 3月4日 日本パーソナリティ心理学会経常的研究交流委員会・日本質的心理学会研究 交流委員会主催公開研修会「個性と障害のはざま:発達障害児の育ちの現場から」
  • 1月15日 医療・看護と福祉のための質的研究セミナー「あなたにもできる質的研究:着想から投稿までのノウハウを教えます」
  • 12月17日 多文化関係学会組織強化委員会・日本質的心理学会研究交流委員会共催「文化とこころの相互作用」を探る質的研究法ワークショップ
  • 9月4日 アーサー・フランク博士「病いと語り」講演会・シンポジウム
  • 8月24日 「多分野連携における医療人類学の可能性:アーサー・クラインマン先生を招いて  〜それぞれのヘルス・ケアをつなぎ、紡ぎ、橋渡しする」

2004年度 詳細

  • 11月27日 「病いの語り」 講演会
  • 9月22日 日本パーソナリティ心理学会経常的研究交流委員会・日本質的心理学会研究交流委員会共同企画「M-GTAの手法とその応用:M-GTAはパーソナリティをどのように捉えるか」